自然免疫応用技研株式会社

研究レポート

かげ
HOME > 研究レポート > LPS動物経口投与試験 / ステロイドによる免疫低下の回避(鶏)

LPS動物経口投与試験

ステロイドによる免疫低下の回避(鶏)

鶏にサルモネラに対するワクチンを接種すると、体内でサルモネラに対する抗体が作られ、血液中に検出量が高まります。一方、ワクチン接種の前に、ストレスを受けたと同様な状況にするためデキサメタゾン(ステロイドの1種)を投与しておくと、抗体産生量が有意に低下します。ステロイド/ストレスによって免疫系が抑制されていることがわかります。ところが、デキサメタゾンを投与する前に、自然免疫活性化物質であるLPS(パントエア菌由来;IP-PA1)を経口投与しておくと、完全ではありませんが、抗体産生量の回復が見られます。すなわち、自然免疫活性化物質であるLPSの予防的経口投与は、ストレスへの抵抗性を与えることがわかります。

図1:ストレスによる抗体産生能低下の回避

図1:ストレスによる抗体産生能低下の回避

Immune recovery effects of immunopotentiator from Pantoea aggromerans 1 (IP-PA1) on low antibody productions in responce to Salmonella enteritidis vaccine and sheep red blood cells in dexamethasone-treated stress chicken models T. Hebishima, Y. Matsumoto, G. Soma, C. Kohchi, H. Hayashidani, G. Watanabe, K. Taya, Y. Hayashi and Y. Hirota. Journal of Veterinary Medical Science, 72(4):435-442 (2010)

※この記事は、当社の研究成果に関する学術的な情報を提供するものです。特定の製品の効能・効果を宣伝、広告するものではありません。開設者の許可なく、商業目的として転載することや、内容に変更を加えたり、複製を行うことを禁じます。

研究レポート 目次
LPS細胞実験
LPS動物経口投与試験
LPSヒト経口投与試験
LPSヒト経皮投与試験
LPS養殖動物試験
LPS植物試験
その他
世界のLPS関連研究
かげ

自然免疫応用技研株式会社

〒761-0301
香川県高松市林町2217-6 DynaxTビル2F
TEL:087-867-7712
 FAX:087-867-7737 



本サイトでのお客様の個人情報はグローバルサインのSSLにより保護しております。