自然免疫応用技研株式会社

LPSとは

かげ
HOME > LPSとは > 免疫について / 自然免疫と獲得免疫で身体を守る

免疫について

(1)自然免疫と獲得免疫で身体を守る

免疫は、「疫病=感染症から免れる」と書きますが、単に感染症から身を守るだけの機能ではありません。健康を維持するシステムそのものです。健康を維持するシステムの機能はふたつ。
異物・不要物を見つけて排除することと、痛んだ箇所の修復です。異物・不要物としては、外部から侵入する病原菌やウイルスのほか、体内で発生するごみ、すなわち、死んだ細胞や変性タンパク質、癌細胞などがあります。

■免疫とは・・・

「疫病=感染症」から「免れる」だけじゃない
健康を維持するシステムそのもの

■免疫の仕事

(1)異物・不要物を見つけて排除
 ①外部から侵入する病原菌・ウイルス
 ②体内で発生するごみ(死細胞、癌細胞、酸化物、糖化物)
(2)痛んだ箇所の修復

さて、免疫は「自然免疫」と「獲得免疫」の2種類の免疫システムで健康を維持しています。「自然免疫」は、原始的な免疫システムで、マクロファージや好中球といった自然免疫担当細胞が、病原菌やがん細胞を食べて消化して排除します。これを貪食(どんしょく)といいます。一方「獲得免疫」は、進化した動物で見られる免疫システムで、T細胞、B細胞といった獲得免疫担当細胞が、侵入してきた病原体にぴったり当てはまる抗体を作って退治します。この抗体は、一度作ると2度目はより迅速に準備されます。インフルエンザやBCGなどのワクチンはこの仕組みを利用しています。

免疫には自然免疫と獲得免疫がある

ところで、抗体をつくるためには、まず自然免疫担当細胞が病原体を貪食し、病原体の特徴を獲得免疫担当細胞に教えてあげることが必要です。つまり、効果的な免疫システムの働きのためには、まず「自然免疫」を活発にしておくことがとても重要です。

かげ

自然免疫応用技研株式会社

〒761-0301
香川県高松市林町2217-6 DynaxTビル2F
TEL:087-867-7712
 FAX:087-867-7737 



本サイトでのお客様の個人情報はグローバルサインのSSLにより保護しております。