自然免疫応用技研株式会社

LPSとは

かげ
HOME > LPSとは > LPSと健康維持 / 便秘とLPS

LPSと健康維持

(2)便秘とLPS

腸内細菌由来のLPSは腸の蠕動運動に関係することが報告されています。

ヒトの体の細胞数よりもはるかに多い数、100兆個もいると言われる腸内細菌ですが、このうち、少なくとも半数はLPSを持つグラム陰性細菌です。腸内のグラム陰性細菌から遊離するLPSが腸の筋肉マクロファージに作用すると、BMP2という物質を出して腸の神経細胞を刺激します(*1)。すると神経細胞は外筋層に蠕動を促します。こうして、腸内のLPSは腸の蠕動運動、つまり便秘の予防にも係っています。

腸内細菌のLPSは腸を蠕動させる

(*1)Crosstalk between Muscularis Macrophages and Enteric Neurons Regulates Gastrointestinal Motility, Cell 158: 300-313 (2014)

かげ

自然免疫応用技研株式会社

〒761-0301
香川県高松市林町2217-6 DynaxTビル2F
TEL:087-867-7712
 FAX:087-867-7737 



本サイトでのお客様の個人情報はグローバルサインのSSLにより保護しております。