自然免疫応用技研株式会社

サービス(受託解析)

かげ
HOME > サービス(受託解析) > ELISA・PCR / カルプロテクチン

ELISA・PCR

(4)カルプロテクチン

■試験概要

糞便中のカルプロテクチンをELISA法により測定します。
※研究用の測定であり診断目的の試験ではありません。

■試験の意義

カルプロテクチンとは、主に好中球(一部、単球や活性化マクロファージ)やモノサイトから分泌されるカルシウム結合タンパク質です。感染性大腸炎、クローン病、潰瘍性大腸炎、腫瘍において便中のカルプロテクチンが増加します。便中においても比較的安定で、消化管の炎症マーカーとして利用されています。

■納期

キット、検体が届いてから2~4週間。

■注意事項
  • 検体量:便 0.2g程度をご用意ください。
  • 保存温度:採取後は -20℃以下で冷凍保存してください。半年間は安定とされています。室温では3日間安定とされていますが、採取後は、速やかに冷蔵保存し、可能な限り早く冷凍されることを推奨します。
  • 保存容器:通常の検便容器等で問題ありません。
  • 便の状態:重量に基づいて検体の希釈・抽出操作を行いますので、性状による測定操作への影響はありません。ただし、検体に未消化と考えられる食物があり、これらがサンプリングした便に含まれると測定値が低くなる可能性があります(注意いただく食物としては、ニンジン、ダイコン、ゴボウ、ゴマなど繊維質なもの)。
  • 試料の保存:報告書送付後に返送しますので、お客様で保管または廃棄をお願いしたします。
かげ

自然免疫応用技研株式会社

〒761-0301
香川県高松市林町2217-6 DynaxTビル2F
TEL:087-867-7712
 FAX:087-867-7737 



本サイトでのお客様の個人情報はグローバルサインのSSLにより保護しております。