自然免疫応用技研株式会社

サービス(受託解析)

かげ
HOME > サービス(受託解析) > ELISA・PCR / グレリン等(消化管ホルモン)

ELISA・PCR

(3)グレリン等(消化管ホルモン)

■試験概要

腸管上皮細胞の健常性を評価する指標として、ご依頼いただいた血清や腸管組織細胞より、サンプル中の消化管ホルモン活性(グレリン、GLP-1,GLP-2等)をELISA法にて測定します。

■試験の意義

グレリンは胃から産生されるペプチドホルモンで、下垂体に働き成長ホルモン (GH) 分泌を促進し、また視床下部に働いて食欲を増進させる働きを持ちます。

GLP-1は、小腸にあるL細胞から食後に分泌されるインクレチン(すい臓からインスリン分泌を促進する)の一つで、グルコースのホメオスタシスの制御に影響を及ぼしています。脳の多くの部位にGLP-1 受容体が発現し,摂食抑制や消化管運動,糖代謝,自律神経の調節に作用しています。

GLP-2もL細胞から分泌されるペプチドです。腸管上皮細胞のホメオスタシスの制御に関与し、小腸粘膜増殖・消化吸収の促進・粘膜バリアの維持など多彩な作用で腸管機能の恒常性に寄与し,これらのペプチドの解析は、摂食調節機構や消化管の健全性の検討に役立ちます。

■実施例

Cortisol、Estradiol、Progesterone、Melatonin、Testosterone、DHEA、Oxytocin、α-Amylase、IL-1β、C-Reactive Protein、Chromogranin A、IL-6、Total Protein

■納期

キット、検体受領後2~4週間程度

■注意事項
  • 弊社の測定は研究を目的としております。病気の診断には使用できません。 グレリン、GLPは不安定な物質で保存条件によっては分解が急速に進みます。検体の採取については、事前にお問い合わせください。
かげ

自然免疫応用技研株式会社

〒761-0301
香川県高松市林町2217-6 DynaxTビル2F
TEL:087-867-7712
 FAX:087-867-7737 



本サイトでのお客様の個人情報はグローバルサインのSSLにより保護しております。