自然免疫応用技研株式会社

サービス(受託解析)

かげ
HOME > サービス(受託解析) > 細胞試験 / 細胞株を用いたNK活性測定

細胞試験

(12)細胞株を用いたNK活性測定

■試験概要

被験物質を含む培養液でKHYG-1細胞を3日間培養し、前処理を行います。前処理後のKHYG-1細胞と,カルセインAMを取り込ませたK562細胞と4時間共培養します。培養後の上清の蛍光を測定し、上清に漏出したカルセインAM量を測定し、K562細胞への細胞傷害活性(NK活性)を評価します。

■試験の意義

ナチュラルキラー細胞(natural killer cell:NK細胞)はウイルスに感染した細胞やがん細胞を認識して攻撃するなど、生体防御の最前線を担っている細胞です。KHYG-1細胞(ヒトNK細胞)のK562細胞(ヒト急性白血病細胞株)に対する 細胞傷害活性(NK活性)を検体が直接活性化するかどうか評価します。

■実施例
ノビレチン(Nobiletin)のNK活性増強効果

ポリIC(合成リボ核酸)のNK活性増強効果

■納期

検体、試薬が揃ってから1.5か月が目安です。

注意事項

用量設定の事前検討には、別途費用が発生します。

かげ

自然免疫応用技研株式会社

〒761-0301
香川県高松市林町2217-6 DynaxTビル2F
TEL:087-867-7712
 FAX:087-867-7737 



twitter


本サイトでのお客様の個人情報はグローバルサインのSSLにより保護しております。