自然免疫応用技研株式会社

サービス(受託解析)

かげ
HOME > サービス(受託解析) > 細胞試験 / チロシナーゼ活性阻害(美白試験))

細胞試験

(5)チロシナーゼ活性阻害(美白試験)

■試験概要

キノコ由来のチロシナーゼ酵素を用い、ドーパを基質とし、ドーパキノンを経てメラニンが生成する反応系を測定に用います。反応系に濃度を変えて検体を添加し、メラニン生成量を指標として検体のチロシナーゼ阻害活性を評価します。

■試験の意義

皮膚の色素細胞はメラニンを産生し、メラニンにより肌が着色します。メラニンは、チロシンから何段階かの代謝を経て合成されます。チロシナーゼはメラニン産生の重要なステップに働く酵素です。チロシナーゼの働きを阻害する物質はメラニン産生を抑制し、黒化を抑える働きがあり、美白材として有効であると考えられます。チロシナーゼの抑制作用は、美白作用の検討のひとつとして有用です。

■実施例
コウジ酸のチロシナーゼ活性抑制効果

※反応系にコウジ酸を添加し、キノコ由来のチロシナーゼ酵素によるドーパキノンの生成を測定した。
※n=3の平均とSDを表示、**:コントロールとの2群間のstudent’s-t-test、P<0.001

■納期

検体、試薬の準備が整ってから1か月が納期の目安です。

■注意事項
  • 検体の性状(pH、プロテアーゼの存在等)により、測定ができない場合があります。検体の内容については、事前にご相談ください。
かげ

自然免疫応用技研株式会社

〒761-0301
香川県高松市林町2217-6 DynaxTビル2F
TEL:087-867-7712
 FAX:087-867-7737 



本サイトでのお客様の個人情報はグローバルサインのSSLにより保護しております。