自然免疫応用技研株式会社

サービス(受託解析)

かげ
HOME > サービス(受託解析) > 動物試験 / 抗腫瘍効果

動物試験

(3)抗腫瘍効果

■試験概要
  • 検体の抗腫瘍効果を、担癌マウスを用いて評価いたします。
  • 癌の種類としてはMeth A、3LLなど
  • 検体の投与方法としては、静脈内投与、腹腔内投与、皮内投与、経口投与
  • シクロホスファミドを併用する場合もあります。
■実施例
LPSの抗腫瘍効果

※BALB/cマウスの腹部皮内に、MethA繊維肉腫を移植し、腫瘍径を経時的に測定しました。腫瘍移植後、22、23、24、25日目にLPSpを400μg/kg/dayで皮内投与した場合、腫瘍の増殖が止まっています。また、サイクロフォスファミド(CY)との併用では、腫瘍の縮退が見られました。1群8匹。P<0.01

■納期

動物、検体、試薬が揃ってから1.5か月が目安です。

かげ

自然免疫応用技研株式会社

〒761-0301
香川県高松市林町2217-6 DynaxTビル2F
TEL:087-867-7712
 FAX:087-867-7737 



twitter


本サイトでのお客様の個人情報はグローバルサインのSSLにより保護しております。