自然免疫応用技研株式会社

サービス(受託解析)

かげ
HOME > サービス(受託解析) > 細胞試験 / B16メラノーマ試験(美白)

細胞試験

(6)B16メラノーマ試験(美白)

■試験概要

色素細胞としてマウスのB16メラノーマを用い、培養液に検体を添加し、一定期間培養した後に、細胞に含まれるメラニンを抽出し吸光度測定を行います。同時に、細胞に対する検体の影響(増殖抑制、細胞障害性)も測定します。陽性対象薬としてアルブチン(美白剤として使用されています)を用います。B16メラノーマはマウスの細胞であり、ヒトの場合と活性が異なる場合があるようです。ヒト細胞での美白効果は、3D皮膚モデルを用いる試験系で評価を行っております。

■実施例
アルブチンのメラニン産生抑制効果

※B16メラノーマの培養液にアルブチンを添加して培養した後、細胞に含まれるメラニンを抽出し吸光度測定を行った。
※n=3の平均とSDを表示、**:コントロールとの2群間のstudent’s-t-test、P<0.001

■納期

細胞、検体、試薬の準備が整ってから1か月が納期の目安です。

■注意事項
  • なしなら、この項目を除きます。
かげ

自然免疫応用技研株式会社

〒761-0301
香川県高松市林町2217-6 DynaxTビル2F
TEL:087-867-7712
 FAX:087-867-7737 



本サイトでのお客様の個人情報はグローバルサインのSSLにより保護しております。