ヨーグルトで免疫力が高まる!その理由とおすすめの食べ方とは

ヨーグルトには、免疫力を高める作用があることをご存知ですか?免疫力とは、体を病気などから守るためのシステムのことです。私たちの体には、さまざまな免疫細胞がいて、体内に侵入しようとする細菌やウイルスと戦ったり、老廃物や死んだ細胞を処理したりしています。

そして、免疫力を高める食品の一つとして知られているのがヨーグルト。今回は、ヨーグルトでなぜ免疫力が高まるのかに加え、おすすめの食べ方などもご紹介します。

ヨーグルトは免疫力を高める食品の代表?

ヨーグルトには、乳酸菌やビフィズス菌といった「善玉菌」といわれている菌がたくさん含まれており、腸内環境を整える作用があります。

腸内にいる細菌は、体に良い影響を与えてくれる菌や体に悪影響を及ぼす菌、そして量が多いなど優勢なほうに味方する菌がいます。

また、免疫細胞の約7割は腸内にいると言われています。口にした食べ物は、一本の管のように繋がる消化管を通って、腸へ運ばれます。このとき腸には、良いものと悪いものが一緒くたに運ばれている状態です。そのため腸では多くの免疫細胞が病原体と戦うためにスタンバイしています。つまり、ヨーグルトに含まれる善玉菌によって腸内環境が整えば、腸内にいる免疫細胞が活性化し、免疫力が高まる、というわけです。

+αでさらに免疫力アップ!ヨーグルトのおすすめの食べ方

ここからは、より免疫力が高まる、ヨーグルトのおすすめの食べ方をご紹介します。

さまざまな種類を食べる

市販のヨーグルトは、種類によって含まれている乳酸菌などが異なります。LG21やR-1、ビフィズス菌など、それぞれ腸への作用が異なるため、いつも同じものを食べるのではなく、種類を変えて食べることによってさまざまな菌をとることができます。

きなことバナナをプラス

ヨーグルトは、オリゴ糖とあわせて摂取することで善玉菌の働きがより活性化されます。オリゴ糖を豊富に含む食材には、穀類や豆類、野菜、果物などがあり、ヨーグルトにプラスするなら、きなことバナナがおすすめです。

きなことバナナには、オリゴ糖以外にも、ビタミンCやビタミンA、ビタミンEといった抗酸化物質が豊富に含まれています。これらの抗酸化物質は、増えすぎると体に悪影響を及ぼす「活性酸素」を分解し、免疫力を高めます。

抗酸化物質は、とくに茶色い斑点のある熟したバナナに豊富。加熱することで活性化するため、ホットヨーグルトにして食べるのも良いでしょう。

フルーツと合わせる

オレンジやいちご、キウイフルーツなどのフルーツを加えるのもおすすめです。これらのフルーツに共通して含まれるのは、ビタミンCです。ビタミンCには、体内に侵入しようとする病原体をやっつけるために血液中をパトロールしている、白血球の働きを高める作用があります。コラーゲン生成を促す効果も期待でき、コラーゲンが丈夫な皮膚や粘膜をつくるため、体が病気にかかりにくくなります。

ビタミンCの含有率は、オレンジなどの柑橘系フルーツ<いちご<キウイフルーツの順に高いです。

いちごには、抗酸化作用のある「アントシアニン」という成分が含まれており、キウイフルーツには、強い抗酸化作用のあるビタミンEも豊富です。そのため、ヨーグルトに加えることでさらなる免疫力の上昇が望めます。

ヨーグルトに勝る免疫ビタミン?「LPS」とは

LPS(リポポリサッカライド)は、体内に侵入した細菌やウイルスを食べる免疫細胞「マクロファージ」を活性化させるとして、近年注目を集めている成分です。

マクロファージは、ヨーグルトなどに含まれる乳酸菌や、キノコに含まれるβグルカンでも活性化されますが、LPSはそれらに比べて1,000~10,000倍の活性力を発揮します。ヨーグルトで免疫力を上げようと思ったら、かなり多くの量を摂取する必要がありますが、LPSなら、ごく少量で免疫細胞を活性化できるということです。

この世に存在するすべての細菌は、グラム陽性細菌とグラム陰性細菌の2つに分かれています。LPSは、グラム陰性細菌の外側にびっしりと付着している物質です。

LPSで免疫力を高めたい場合は、LPSが豊富に含まれる食材を食べるとよいでしょう。LPSは、土壌などにいる細菌に多く含まれるため、畑で育つ野菜(レンコンやほうれん草など)や、海藻を積極的に食べるとよいでしょう。主食は、白米よりも玄米がおすすめです。精米される段階で取り除かれてしまう亜糊粉層(あこふんそう)に、LPSが多く含まれるからです。

もちろんLPSは果物などにも含まれているので、ヨーグルトと果物を一緒に摂れば、より免疫力アップが期待できるでしょう。ただし、農薬などが使われていると細菌が取り除かれてLPSも少なくなってしまうので、無農薬や有機栽培されているものを選ぶのがおすすめです。

LPS活用事例

LPSは土の中などに存在するため、野菜や穀物、海藻類などに豊富に含まれています。しかし、農薬などによって細菌が取り除かれるとLPSも少なくなってしまうため、近年食事から取り入れられるLPSはどんどん低下していると言われています。そのため、サプリメントを利用したり、肌への効果を期待する場合は化粧品などを利用したりするのがおすすめです。

下谷内由希奈

この記事の著者
下谷内由希奈

過去5年間、免疫療法などを扱う医療機関にクリニックコンシェルジュとして勤務。
現在は、2人の子どもを育てながら、健康や医療に関する情報を発信中。
自身も免疫系の疾患にかかった経験があるため、LPSの積極的な摂取を心がけています。
(情報提供元:自然免疫応用技研株式会社)

LPS活用事例 arrow_upward