免疫力が低下すると風邪を引きやすくなる!その原因や対処法とは?

風邪を引くと、喉や頭が痛くなったり熱が出たりするのは、身体に備わる免疫システムがウイルス等と戦っているためです。風邪の原因の7~9割がウイルスと言われており、これらには特効薬がないため、風邪を予防したり治したりするためには、免疫力を上げることが一番の近道です。

そこでここでは、免疫をテーマに、風邪を引き起こす原因や、風邪の予防法、風邪を引いた後にできる対処法などを詳しく解説します。

免疫力が低下すると風邪をひきやすくなる

一般的に「風邪」とは、ウイルスに感染することで気道に炎症が起こる「急性気道感染症」のことを指します。

ウイルスや細菌などの病原菌が体内に侵入するのを最前線で防いでいるのが粘膜です。粘膜の表面には、病原体の働きを無効化する「IgA」と呼ばれる抗体が存在します。そのため、このIgAが減少すると粘膜でのバリア機能が下がり、風邪になる可能性が高まります

また、風邪を引いた経験が少なく、ウイルスに対する抗体ができていない子どもは、大人と比べると風邪を引きやすいと言われています。

風邪の症状は免疫が機能している証拠

風邪を引くと、咳、痰、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、頭痛、発熱、下痢、倦怠感、悪寒といった様々な症状があらわれますが、これは体の免疫システムがウイルスと戦っている証拠です。

風邪を引くと発熱する理由は、体温を上げることで免疫を活性化させ、ウイルスへの攻撃力を高めるためです。そのため、強いウイルスに感染したときほど、体温が高くなると言われています。また、発熱した後に汗をかくのは、高くなりすぎた体温を、発汗することによって下げようとするためです。

免疫力の低下が続くと二次感染の恐れもある

しかし、このような免疫反応は体力を激しく消耗させるため、症状が長引くことによって免疫力はどんどん低下していきます。この状態で他の細菌が入り込むと、肺炎や気管支炎などの二次感染を引き起こす可能性があります。

そのため、1週間が経過しても症状が改善しない場合は、他の病気や二次感染を引き起こしている疑いがあります。また、血圧や呼吸器、心臓の病気、糖尿病など慢性疾患を持っている場合には、それらが悪化することもあるため注意が必要です。

免疫力が低下する原因

風邪を引かないためには、免疫力が高い状態を維持することや、すぐに免疫力が高くなれる状態にしておくことが大切です。では、免疫力の低下にはどのような原因があるのか、確認しておきましょう。

体が弱っている

病気にかかったり怪我をすると、免疫システムはこれらを治そうと、体内で炎症を起こします。この炎症反応が過剰に働かないために、身体は「コルチコステロン」などのホルモンを分泌することで、免疫力を抑制します。この作用は全身に及ぶため、結果的に免疫力が低下してしまうのです。

栄養が足りていない・バランスが悪い

「腸は免疫の鍵」ともいわれるように、腸内には多くの免疫細胞が存在しているため、免疫システムを正常に保つためには、腸内環境を整えることが大切です。そのため、栄養不足や栄養バランスの悪い食事は、免疫を低下させる要因の一つとなります。

腸内環境を整えるためには、自分にとっての善玉菌を増やすことがポイントです。そのためには、善玉菌のエサとなる食物繊維や、善玉菌が含まれる発酵食品(ヨーグルトや味噌など)を積極的に摂取することが大切です。特に、発酵食品に含まれる善玉菌の一つである乳酸菌は、体内の免疫物質「IgA」の働きを高めると言われています。

お酒の飲みすぎ

アルコールを過剰摂取すると、病原菌の侵入を防いでいる喉の粘膜を傷つけてしまいます。また、アルコールは肝臓で分解される過程で、毒性のある「アセトアルデヒド」という成分に変化します。そのため過度な飲酒によって、肝臓がアセトアルデヒドを分解しきれなくなると、アセトアルデヒドが白血球などの免疫細胞を傷つけ、免疫力が低下してしまいます。過剰摂取は控えましょう。

喫煙

タバコの煙にはニコチンやタールなどの有害物質が多く含まれており、これらの有害物質は、体内に活性酸素を大量に発生させます。肺で発生した活性酸素は肺の免疫細胞「肺胞マクロファージ」(マクロファージには細菌やウイルスなどの異物を排除する働きがある)の働きを抑制するため、免疫力の低下につながります。できる限り喫煙は控えましょう。

運動不足

運動不足になると筋肉が落ち、筋肉が減ると身体が冷え、血流が悪くなります。血流が悪くなると、血液内に含まれる白血球などの免疫細胞がうまく働かなくなるため、免疫力が低下してしまいます。回避のためにウォーキングなど、適度な運動を心がける事が大切です。

睡眠不足

私たちの身体は、睡眠中に成長ホルモンを多く分泌し、細胞を修復しています。睡眠時間が不足すると十分な成長ホルモンが分泌されず、免疫細胞が減少するため免疫力の低下につながります。

また、睡眠不足になると抗酸化作用のある睡眠ホルモン「メラトニン」の分泌が減少し、体の抗酸化力が弱まります。これにより体内に発生した活性酸素によって免疫細胞がダメージを受け、免疫力が低下してしまいます。

冷え

免疫力が正常に保たれる体温は36.5度程度で、体温が1度下がるごとに免疫力が30%下がると言われています。これは、体が冷えて血流が悪くなると、血液中の免疫細胞が機能しづらくなるためです。

そのため、温かいものを飲む、温かい服装を心がけるなどして、体を温めることを意識しましょう。運動も体温上昇につながるため、おすすめです。

ストレスが多い

ストレスが溜まると、自律神経が乱れて交感神経が優位になることで血管が収縮し、血流が悪くなります。さらに精神的ストレスを感じると、免疫物質であるIgA抗体の分泌量が低下すると言われており、免疫力の低下につながります。そのため、ストレスをためず、日ごろからストレス解消を意識することは大切です。

簡単な方法に、笑うという方法があります。笑うと副交感神経が優位になって体がリラックスし、ストレス解消にもつながります。さらに、IgA濃度が上昇し、免疫を高めるという研究結果もあります。作り笑いでも同じ効果が期待できるため、まずは笑うことを心がけてみましょう。

風邪予防の方法

風邪を引かないためには、ウイルスとの接触を避けることも大切です。免疫力を高めるとともに、日ごろから以下のような風邪予防を心がけましょう。

マスクをつける

風邪は、喉や鼻からウイルスが侵入することによって感染します。マスクは喉や鼻を守り、ウイルスの侵入をブロックするのに効果的です。

人混みを避ける

人混みや繁華街への外出は、ウイルスとの接触の確率を増加させます。人の多い場所や、密室などの換気がされにくい場所は、ウイルスが滞留してしまうため避けるようにしましょう。

うがい・手洗いをする

ウイルスがついた手で鼻や口を触ると、粘膜から感染する可能性があります。外出先から帰宅したら、すぐにうがい・手洗いをして風邪の原因となるウイルスを洗い流すことが大切です。

特に手洗いが不十分になりがちな、親指や爪先、指の間、手のひらのシワ部分には注意して洗いましょう。

室内の湿度は50~60%に

空気が乾燥すると、喉や鼻も乾燥しやすくなり粘膜のバリア機能が低下します。そのため室内の湿度は50~60%に保ち、喉と鼻の乾燥を防ぎましょう。ただし、夏に発生する風邪ウイルスは高温・多湿を好み、湿度50%以上になると活発に働くため、梅雨などの時期は室内が高温・多湿にならないように注意する必要があります。季節によって加湿器、除湿器を上手に活用しましょう。

もし風邪をひいてしまったら?

風邪の要因となるウィルスは200種類以上存在すると言われており、その中から感染しているウイルスを見つけ出すことは困難です。つまり、風邪には特効薬がありません。一般に風邪薬と呼ばれるものは、症状を軽くしたり、抑制するためのものであり、風邪を「治す」のはあくまでも自分自身の体なのです。

風邪を治すための一番の近道は、身体の免疫力を向上させることです。そのほか、風邪を引いたときの対処法を確認しましょう。

水分補給する

私たちの身体は、風邪によって発熱した後、汗をかいて体温を下げようとします。汗をかくことによる脱水症状や、鼻や喉の乾燥による免疫力低下を防ぐためにも、しっかりと水分補給をしましょう。

特に高熱や嘔吐・下痢の症状がある場合は、ナトリウムやカリウムが不足するため、これらを摂取できる経口補水液の摂取がおすすめです。

体を温める

風邪を引くと、私たちの身体は体温を上げることによってウイルスを排除しようとします。発熱によって体力を消耗しないためにも、身体が発熱を起こす前から効率よく体温を上げるのがポイントです。特に、風邪の引き始めの段階で、体を温めて免疫を活性化させれば、風邪を長引かせずにウイルスを撃退することができます。

悪寒などの身体の異変を感じたら、厚着をする、湯船にゆっくり浸かる、早めに布団に入るなど、体を冷やさないように心がけましょう。

LPS活用事例

LPSは土の中などに存在するため、野菜や穀物、海藻類などに豊富に含まれています。しかし、農薬などによって細菌が取り除かれるとLPSも少なくなってしまうため、近年食事から取り入れられるLPSはどんどん低下していると言われています。そのため、サプリメントを利用したり、肌への効果を期待する場合は化粧品などを利用したりするのがおすすめです。

やさしいLPS編集部

この記事の著者
やさしいLPS編集部

食用植物に共生するパントエア菌由来の“免疫ビタミン”LPSを提供する自然免疫応用技研株式会社です。当サイトでは、自然免疫、マクロファージ、LPSに関する情報と、当社の活動をお伝えします。

LPSとは?4コマ漫画で解説 arrow_upward