免疫力を高める飲み物5選!栄養素や飲み方も詳しく解説!

私たちの体には細菌やウイルスから守ってくれる免疫機能があり、免疫力が高ければそれだけ体を守る力が高い、ということができます。

そんな頼もしい免疫力は、飲み物や食べ物によって高めることもできます。とくに飲み物は手軽に摂ることができるので、忙しい方や料理が苦手な方にもおすすめ。そこでこの記事では、日常生活で取り入れることができる、免疫力を高める飲み物を紹介していきます。

「免疫力を高める」とは

免疫とは、人体に備わっている防御システムのことです。体にとって有害なウイルスなどの異物が侵入した際に敵を攻撃し、病気を未然に防ぐのが免疫の役割です。

このような免疫には「自然免疫」と「獲得免疫」の2種類があり、自然免疫は生まれた時から持っている、病原菌など有害物質を感知して排除する機能、もうひとつの獲得免疫は未知の病原体は感知できませんが、過去に出会ったことがあるウイルスなどを記憶して抵抗する「抗体」を作り出し、次回からはそのウイルスなどを排除することを可能にするので、健康な生活を維持しやすくなります。

この2つの免疫は行動や食事などによって活発にすることが可能で、これが「免疫力を高める」ということになります。

免疫力を高めるポイント

免疫力を高めるためには、次の2つを実行していきましょう。

ひとつめは、腸内環境を整えることです。人間の免疫細胞は約7割が腸で作られているといわれており、腸は私たちにとって最大の免疫器官と言えます。腸内にはビフィズス菌をはじめとして200種類以上もの細菌が棲んでいますが、これらの腸内細菌は免疫細胞を刺激することがわかっているため、免疫力を高めるにはそのような腸内細菌を増やして腸内環境を整えることが効果的なのです。

もうひとつは、免疫細胞に十分な栄養を与える方法です。腸が健康に規則正しく動くためには、バランスの良い食事は欠かせません。偏った食事を続けていると、その食品と相性の良い細菌ばかりが増えて細菌バランスが乱れてしまいます。また、食品の中には直接抗体を生み出したり、免疫機能を調節してくれるものもあります。そのため、口から摂取する飲食物によって免疫機能は大きく左右されます。

免疫力を高める飲み物

免疫力を高めるには、次のような飲み物がおすすめです。身近なものばかりなので、日常生活に上手く取り入れていきましょう。

緑茶

緑茶には抗菌・抗ウイルス作用がある「エピガロカテキンガレート」「エピガロカテキン」などのカテキンが豊富に含まれています

「エピガロカテキンガレート」は緑茶にしか含まれない成分ですが、温度が高いほうが多く抽出されます。その反対に、「エピガロカテキン」は温度が低いほうが多く抽出されるため、夏は水出しで、冬はホットで、といったように一年を通して美味しくいただきましょう。

野菜/果物ジュース

野菜や果物のジュースも免疫力を高めます。その理由は、腸内環境を整える食物繊維や抗酸化作用があるポリフェノールなどが豊富に含まれているからです。

なかでもリンゴには食物繊維のペクチンやナトリウムを排出するカリウム、抗酸化作用があるリンゴポリフェノール、疲労回復効果があるリンゴ酸などが豊富に含まれています。

他にも、免疫力を高める野菜・果物には以下のようなものがあります。多くの野菜や果物を食べるのは大変かもしれませんが、果汁100%ジュースや自家製スムージーなどにすると、手軽に多くの栄養を摂取できますよ。

食品名 免疫力にかかわる栄養素 期待できる効果
ブドウ ポリフェノール 抗酸化作用
オレンジ ベータクリプトキサンチン 抗酸化作用
グレープフルーツ ペクチン(食物繊維) 腸内細菌のバランスを整える
きのこ βグルカン 免疫機能を助ける
緑黄色野菜(にんじん、かぼちゃ、ブロッコリーなど) ビタミンA 粘膜を丈夫にする
ナッツ ビタミンE 抗酸化作用

生姜入りホットドリンク

ショウガには「ジンゲロン」という辛味成分が含まれていますが、これが強い殺菌力を持っているため、体内に侵入した風邪やインフルエンザのウイルスを退治することが期待できます

さらに、生姜は体を温める食品として知られていますが、体が温まると免疫力が高まるともいわれています。なぜなら、体温が高くなるということは、血行がよくなるということ。免疫細胞が血液によって体中を巡回すれば、体内の異物を早く発見、攻撃することができるのです。

効率よく手軽に生姜を取り入れるには、紅茶に入れて飲むのがおすすめです。紅茶は茶葉を発酵させて作りますが、発酵する過程で生まれる「紅茶ポリフェノール」には抗酸化作用があります。生姜と一緒に飲めばより高い免疫力が期待できます。

ホットココア

ココアの原料はチョコレートと同じカカオです。カカオにはカカオポリフェノールが豊富に含まれており、体内のウイルスや異物を発見して排除する自然免疫のひとつ、ナチュラルキラー細胞を活性化するといわれています。温めることで体温を上げることによる免疫力アップも期待できるため、寒い冬には、ホットココアでウイルスに負けない体づくりをするのもいいですね。

乳酸菌入り飲料

乳酸菌には腸内環境を整える働きがあります。腸内細菌というと善玉菌や悪玉菌が有名ですが、乳酸菌は体にとってよい働きをする善玉菌のひとつで、ナチュラルキラー細胞を活性化させ、感染症にかかりにくくする効果が期待できます。

また、乳酸菌には体内に侵入したウイルスを食べてくれる「マクロファージ」を活性化する働きもあります。

免疫力を高めたいときは「LPS」にも注目を

LPSとは、グラム陰性細菌という細菌の表面にある糖と脂質で構成される成分です。ウイルスを食べるマクロファージを活性化する働きがあることから、感染症予防にも期待されています

LPSというと聞きなれないかもしれませんが、実は私たちの身近にある存在で、土の中の細菌の恵みを享受できる根菜や海藻、穀類などに多く含まれています。飲み物においてはクロレラや緑茶に多く含まれているので、先ほどおすすめした緑茶などには、LPSも豊富に含まれているということになります。

ただ、同じ茶葉でも、発酵させて作られる紅茶や焙煎するほうじ茶などはLPSが破壊・分解されている可能性があります。紅茶には紅茶ポリフェノールが多く含まれているので免疫力を高める飲み物といえますが、LPSに関してはそれほど期待できないかもしれないので、注意が必要です。

LPS活用事例

LPSは土の中などに存在するため、野菜や穀物、海藻類などに豊富に含まれています。しかし、農薬などによって細菌が取り除かれるとLPSも少なくなってしまうため、近年食事から取り入れられるLPSはどんどん低下していると言われています。そのため、サプリメントを利用したり、肌への効果を期待する場合は化粧品などを利用したりするのがおすすめです。

やさしいLPS編集部

この記事の著者
やさしいLPS編集部

食用植物に共生するパントエア菌由来の“免疫ビタミン”LPSを提供する自然免疫応用技研株式会社です。当サイトでは、自然免疫、マクロファージ、LPSに関する情報と、当社の活動をお伝えします。

LPS活用事例 arrow_upward