LPSってどんな働きをするの?LPSは健康維持に欠かせないものだった!

私たちにとって身近な植物や穀物から摂取できる、免疫ビタミンと呼ばれる「LPS」。LPSはほうれん草やゴーヤ、ワカメ、小麦胚芽などに含まれます。

LPSは、体内で病原菌や異物と戦う細胞の働きをサポートする、健康維持に欠かせない成分です。この記事では、LPSが細胞に与える作用について、わかりやすく解説します。

LPSの主なはたらき

LPSは、「マクロファージを活性化させる働き」があります。

マクロファージとは血液中に含まれる白血球の1種であり、全身に分布する細胞です。

マクロファージは私たちの体に生まれつき備わっている免疫機能において、とても重要な役割をはたします。

マクロファージとはどんな細胞?

マクロファージは、直径15~20μmの比較的大きな細胞です。

マクロファージの主な役割は、「食作用」です。

食作用とは、体内に侵入した細菌やウイルスなどを食べて消化→死滅させる働きのこと

マクロファージの食作用によって、細菌の広がりを早期に食い止めることができます。

重要な伝達役でもあるマクロファージ

マクロファージには、体の中に異物が侵入したことを「ヘルパーT細胞」へ伝達する役割もあります。

マクロファージから異物侵入の報告を受けたヘルパーT細胞は、B細胞とキラーT細胞へ「異物を捕獲&破壊せよ」と指令を出します。

指令を受けたB細胞は、異物を撃退するための抗体(タンパク質)を産出します。

さらにキラーT細胞は、細菌やウイルス、侵された細胞を、まとめて破壊し殺すのです。

病気から回復し抗体を獲得するまでには、体の中でマクロファージが先頭に立って、免疫細胞とともに必死に戦ってくれているのですね。

マクロファージは「健康の番人」

マクロファージの食作用が体に与える健康効果は、実にたくさん。

マクロファージの働きによる健康効果

  • 感染防御
  • 創傷治癒
  • 代謝調節機能を高める
  • 認知症予防
  • 腎臓結石の除去 など

マクロファージは、認知症の原因となるアミロイドβ(タンパク質)やガン細胞、さらに体内の老廃物や死んだ細胞も食べて消化してくれます

私たちの体を正常に保ち、健康のために日々休まず活動してくれるのがマクロファージなのです。

マクロファージが活性化するとどうなるの?

活性化されたマクロファージにより、病気になりにくい体が手に入り、たとえ病気にかかったとしても早期の回復が可能になります。

働き者のマクロファージをさらに活性化させるのが、「LPS」です。LPSを摂取することで、マクロファージの働きがさらに活発になり、健康的で若々しい体が手に入るのです。

マクロファージが弱まると病気になりやすくなる

ストレスや乱れた生活習慣、加齢が原因で、マクロファージの働きは弱まります。マクロファージの弱体化にともない、免疫力も低下。

免疫力が下がることで、細菌やウィルスに感染しやすくなり、ガンなどの生活習慣病にもかかりやすくなります。

やさしいLPS編集部

この記事の著者
やさしいLPS編集部

食用植物に共生するパントエア菌由来の“免疫ビタミン”LPSを提供する自然免疫応用技研株式会社です。当サイトでは、自然免疫、マクロファージ、LPSに関する情報と、当社の活動をお伝えします。

arrow_upward