免疫細胞はどの臓器でつくられ、どこで活動しているの?免疫の誕生~働き方を解説!

免疫に関わる細胞のほとんどは、体の一部の臓器でしか作られないことをご存知でしたか?免疫細胞は主に骨髄や胸腺という場所で作られ、さまざまな異物から体を守っています。

この記事では、免疫細胞が作られる臓器や免疫細胞が活躍する臓器について詳しく解説していきます。

免疫細胞が作られる臓器は?

免疫細胞は、造血幹細胞という細胞が成長した細胞です。この造血幹細胞は血液に含まれる赤血球や白血球などの血球を作る元になる細胞で、基本的には骨髄、胎児の場合は肝臓に存在しています。

骨髄

骨髄とは骨の内側にあるスポンジ状の組織で、白血球や赤血球などの血液細胞を作っています。骨髄には造血幹細胞が存在するため、そこから免疫に関わるほぼ全ての細胞が作られています

胸腺

胸腺とは心臓の上にある臓器です。他の免疫細胞のほとんどが骨髄で作られるのに対して、T細胞という免疫細胞は、骨髄で元となる前駆細胞が作られ、胸腺に移動したあと増殖・成熟してT細胞へと変化します。T細胞は他の細胞に指示を出したり、抗原を攻撃する働きがある細胞です。

胎児のころは肝臓

免疫細胞は造血幹細胞から作られると解説しましたが、胎児の頃には造血幹細胞は肝臓にあるため、免疫細胞も肝臓で作られます。一方でT細胞だけは胎児のときも、生まれた後と同様に胸腺で作られます

免疫細胞が最も多く存在する臓器は腸

免疫細胞の約7割は腸に集合しています。腸は口から肛門までをつなぐ消化器官の一つです。消化器官は常に食べ物や水分などを取り込んでいるため、病原体などの異物も合わせて取り込まれるリスクにさらされています。そのため、有害な物質を体に入れないために、腸には免疫細胞が多く集まっているのです。

腸の中でも多くの免疫機能を担う「パイエル板」とは

小腸の下部にはパイエル板と呼ばれる免疫細胞が集まっている組織があります。パイエル板の外側には、抗原(病原体やウイルスなど)を察知してパイエル板へと誘導するM細胞が存在します。

M細胞が抗原をパイエル板へ誘導することで、樹状細胞やマクロファージなどの細胞がヘルパーT細胞へ抗原の侵入を伝えます。そしてヘルパーT細胞は抗体を作り出すB細胞へ命令し、この抗体によって抗原を処理することができるのです。

免疫細胞はリンパ系や脾臓でも活躍している!

骨髄や胸腺のように免疫細胞が作られ、増加するところを一次リンパ組織、リンパ節やパイエル板、脾臓などの実際に免疫反応が起こるところを二次リンパ組織と言います。

ここでは、免疫細胞が活躍する二次リンパ組織のなかでも代表的な、リンパ系と脾臓について見ていきましょう。

リンパ系

リンパ系とは、リンパ液がリンパ管を通じて静脈へと合流するまでの一連の流れのことです。リンパ液は、血液の一部が血管の壁から染み出してリンパ管に吸収された液体で、体中に張り巡らされたリンパ管によって、手先や足先などの末端から心臓近くの静脈に戻されています。そして、リンパ管の途中途中には、合計で500個ほどのリンパ節が点在しています。ここがB細胞やT細胞が活躍する場所の1つです。

リンパ節は関所のような役割を持っており、B細胞やT細胞が抗原と戦う場所であるほか、リンパ液に含まれる異物などをろ過する働きもあります。そのため、リンパ節は抗原から身を守り、感染を防ぐための大事な器官と言えます。

脾臓

脾臓は肋骨の近くに位置する臓器で、リンパ球を作ったり、抗原を破壊するための抗体を作ったりする働きがあります。また、酸素を運べなくなった古い赤血球を破壊して、赤血球に含まれる鉄分を骨髄に送る働きもあります。この鉄分は新しい赤血球を作るために利用されます。さらに、脾臓には血液を貯める働きもあり、免疫だけでなく様々な機能を果たしています。

LPS活用事例

LPSは土の中などに存在するため、野菜や穀物、海藻類などに豊富に含まれています。しかし、農薬などによって細菌が取り除かれるとLPSも少なくなってしまうため、近年食事から取り入れられるLPSはどんどん低下していると言われています。そのため、サプリメントを利用したり、肌への効果を期待する場合は化粧品などを利用したりするのがおすすめです。

やさしいLPS編集部

この記事の著者
やさしいLPS編集部

食用植物に共生するパントエア菌由来の“免疫ビタミン”LPSを提供する自然免疫応用技研株式会社です。当サイトでは、自然免疫、マクロファージ、LPSに関する情報と、当社の活動をお伝えします。

LPSとは?4コマ漫画で解説 arrow_upward