LPSは免疫細胞を活性化させる!その仕組みを詳しく見てみよう

新型コロナウイルスへの対策が進められる中で、免疫力を高めるLPSが注目されています。その働きは、免疫細胞であるマクロファージを活性化させるというもの。そもそも、免疫細胞とはどのようなものなのでしょうか?

この記事では、ウイルスの感染から体を守る免疫細胞について説明し、LPSが免疫細胞を活性化させる仕組みを詳しく紹介しましょう。

免疫細胞ってどんなもの?

免疫細胞は私たちの体を病原菌やウイルスから守り、健康を維持する上で大きな役割をしている存在です。免疫細胞が元気に働いているおかげで、私たちは毎日元気で過ごせています。

この免疫細胞が活躍しているシステムは、自然免疫と獲得免疫から成り立つもの。具体的にどのような働きをしているのか見てみましょう。

自然免疫と獲得免疫で働いている

自然免疫と獲得免疫は、次のような働きをしています。

自然免疫 ・生まれつき体に備わっている機能
・マクロファージやNK細胞などの免疫細胞が中心で働く
獲得免疫 ・自然免疫で排除しきれなかった病原菌やウイルスなどの異物を排除する
・異物に応じた攻撃方法を記憶する

自然免疫の主役はマクロファージ

自然免疫の中心で働くのはマクロファージという免疫細胞で、血液や組織、臓器など体のあらゆる部分に存在します。

マクロファージは病原菌やウイルスなどの異物が体に侵入しないかを常に監視。侵入してきたら受容体で異物をキャッチし、食べてしまいます。これは貪食(どんしょく)と呼ばれる作用で、マクロファージに特徴的な異物の排除方法です。

他にも自然免疫ではNK(ナチュラルキラー)細胞という免疫細胞が体内をパトロールし、毎日5000個も発生しているとされる癌細胞を破壊しています。

獲得免疫への橋渡しもする

マクロファージは獲得免疫が働くための橋渡しも行います。獲得免疫で働く免疫細胞に異物侵入の情報を与え、それを聞いた免疫細胞が「抗体」を作って異物を排除します

抗体とは特定のウイルスを排除するタンパク質の一種。体に抗体が作られることで、2度目の感染を予防することができるのです。

LPSが免疫細胞を活性化させる仕組み

LPSは、このような体の健康を維持している免疫細胞を活性化させる機能があります。どのような仕組みなのか、詳しく見ていきましょう。

そもそもLPSとは?

LPSは土の中にも腸内にも含まれる「グラム陰性細菌」という種類の細菌が持っている成分です。細菌の外側に、埋め込まれたように存在しています。

LPSは土の中にもいるグラム陰性細菌の成分なので、畑で育つ野菜や穀類、土のある海から採れる海藻類に含まれています。穀類のLPSは表面に多く含まれているため、玄米など脱穀していないものに多いのが特徴。これら食材を食べることで、私たちはLPSを取り入れているわけです。

マクロファージを活性化

LPSには自然免疫の要であるマクロファージを活性化させる作用があります。前の項目で、マクロファージの細胞表面にはさまざまな物質を受け止めるレセプター(受容体)があることをお話しました。病原菌やウイルスなどの異物をキャッチして食べるためのレセプターがある一方で、LPSと結びつくレセプターもあります

LPSを受け止めるのは「TLR4」というレセプター。LPSがTLR4と結びつくと、マクロファージの細胞の核にシグナルが送られます。すると核の中にある遺伝子が反応し、細胞が活性化。マクロファージが元気になり、ウイルスから体を守る力が高まるのです。

 

マクロファージは活性化するとサイトカインを作る

マクロファージは活性化すると、「サイトカイン」というタンパク質を作って放出します。サイトカインは免疫細胞を助けて異物を攻撃したり、ウイルスの増殖を抑える働きがあるもの。このサイトカインはNK細胞と協力し、病原菌やウイルスを排除します。

LPSの活性力は非常に高い

マクロファージにはたくさんのレセプター(受容体)があるため、結びつくのはLPSだけではありません。他にも「TLR2」というレセプターがあり、このTLR2には酵母やキノコに含まれるβグルカン、乳酸菌に含まれるペプチドグリカンといった成分が結びつきます。

そのため、キノコ類やヨーグルトを食べてもマクロファージを活性化できることになります。

しかし、これらβグルカンやペプチドグリカンと比較して、LPSのマクロファージ活性力は非常に高いのが特徴です。LPSと同じくらいにマクロファージを活性化したい場合、LPSの1000~10000倍もの量を摂らなければなりません。LPSを摂取した方がはるかに効率的なのです

LPSは免疫細胞を活性化するために効率の良い成分で、ウイルスからの感染予防や健康維持のために積極的に取り入れたいものといえるでしょう。

LPS活用事例

LPSは土の中などに存在するため、野菜や穀物、海藻類などに豊富に含まれています。しかし、農薬などによって細菌が取り除かれるとLPSも少なくなってしまうため、近年食事から取り入れられるLPSはどんどん低下していると言われています。そのため、サプリメントを利用したり、肌への効果を期待する場合は化粧品などを利用したりするのがおすすめです。

やさしいLPS編集部

この記事の著者
やさしいLPS編集部

食用植物に共生するパントエア菌由来の“免疫ビタミン”LPSを提供する自然免疫応用技研株式会社です。当サイトでは、自然免疫、マクロファージ、LPSに関する情報と、当社の活動をお伝えします。

LPS活用事例 arrow_upward