自然免疫応用技研株式会社

サービス(受託解析)

かげ
HOME > サービス(受託解析) > 受託メニュー / 動物試験

受託メニュー

動物試験

マウスを使った種々の試験が可能です。この項目は主にオーダーメイドとなりますので、希望に沿った試験内容をご相談の上、ご提案いたします。

【Ⅰ型アレルギー試験】

アレルギー試験の最も基本的なIgE依存型皮膚炎の試験を行います。ジニトロフェノール基に反応するIgEモノクローナル抗体で感作したマウスの耳介に抗原を塗布し、経時的に耳介の厚みを測定し、浮腫を調べます。

Ⅰ型アレルギー試験
図6

:IgE treated control ○:IgE non-treated control
BALB/cマウスに抗DNP IgEモノクローナル抗体を注射して感作後に耳介に ジニトロフルオロベンゼンを塗布した。その後0-48時間後に耳介の厚さを測定した。1,24時間後に有意な浮腫が認められた。
(*: P<0.01)

【貪食能を指標とする免疫活性化試験】

依頼サンプルをマウスに経口、腹腔内又は静脈内投与し、腹腔細胞等を回収し、接着法で回収した細胞(マクロファージ)を用いて蛍光ラテックスビーズまたはザイモザンなどを貪食させて、貪食したマクロファージの割合、貪食した粒子数を計測します。

<参考文献>
Nakamoto T. et al, in vivo, 21, 357-64, 2007

かげ

自然免疫応用技研株式会社

〒761-0301
香川県高松市林町2217-6 DynaxTビル2F
TEL:087-867-7712
 FAX:087-867-7737 



本サイトでのお客様の個人情報はグローバルサインのSSLにより保護しております。