肌免疫とLPSの関係とは?LPSは健やかな肌にも欠かせないって本当?

LPS(リポポリサッカライド:グラム陰性細菌の外膜を構成する成分)は身体の免疫力を高めると注目されていますが、実は肌の健康や美容にも効果が期待できることをご存じでしょうか?

肌免疫をも高めると言われるLPS。一体肌にどのような作用をもたらすのか、ここで詳しく見ていきましょう。

肌にも免疫機能が備わっている

外からの刺激を直接的に受ける肌には、健康を維持するためにさまざまな免疫機能が備わっています。これらの肌免疫には、古くなった細胞や老廃物を除去したり、新しい細胞が生まれるのを助けるはたらきがあります。そのほかにも、傷ついた肌を修復したり、傷口から侵入する病原菌を排除したりとさまざまな役割を担っています。

このように、肌の美しさと肌免疫は密接に関係しており、肌免疫を高めることで美白や肌のターンオーバーの促進、肌荒れ改善の効果が期待できるのです。

LPSは肌免疫に働きかけることができる

LPSとは、グラム陰性細菌の外膜を構成する成分であり、肌にも存在する免疫細胞の一つであるマクロファージを活性化させる機能があります。

マクロファージは、体内に侵入した病原体を排除するはたらきを持つため、活性化させることで身体の免疫力が向上すると考えられています。このことからLPSは、免疫力を向上させる有効な成分として期待されています。

また、LPSには肌免疫にも働きかけます。LPSは皮脂に馴染む脂質を持っており、皮脂がある角質層に浸透します。角質層の下の顆粒層には、細胞同士を接着させる機能を持つタイトジャンクションがあります。

LPSはタイトジャンクションより下には行けませんが、その周辺に存在するケラチノサイト(表皮の大部分を構成する角化細胞)、制御性T細胞、ランゲルハンス細胞がLPSに反応するため、間接的に肌免疫に働きかけることができるのです。

LPSが肌免疫に働きかけることによる効果

LPSが肌免疫に働きかけると、肌の健康や美容においてさまざまなメリットをもたらします。ここからは、LPSが肌に与える作用を詳しく見ていきましょう。

バリア機能・保湿力を高める


LPSは、表皮細胞であるケラチノサイトを活性化させます。ケラチノサイトが活性化すると、肌のバリア機能を高めるタンパク質「フィラグリン」が産生されやすくなると言われています。

また、フィラグリンは代謝されると保湿成分(ナチュラルモイスチャリングファクター)に変わるため、肌のバリア機能の強化だけでなく保湿力の向上も期待できます。

感染から守る

ケラチノサイトが活性化されると、βディフェンシンという抗菌物質も産生されやすくなります。皮膚内に抗菌物質が作られると、常在菌の繁殖をある程度抑えることができるため、病原菌などの感染から身体を守ることに繋がります。

傷の治りを早める

LPSは、ケラチノサイトだけでなくランゲルハンス細胞も活性化させます。これらの細胞は、活性化させると一酸化窒素(NO)を放出します。

一酸化窒素は、表皮細胞が傷口に移動するのを促進するはたらきがあり、傷の治りを早めます。また、一酸化窒素には紫外線による細胞死や接触性過敏症を抑制する効果もあると言われています。

アレルギー・炎症をおさえる

ランゲルハンス細胞が活性化すると、肌炎症の原因となるケモカイン(TARC)の発生が抑制されます。これにより、アレルギーによる炎症を抑える効果が期待できます。

さらに、LPSには、炎症をやわらげる作用を持つ制御性T細胞を活性化させる働きもあります。活性化された制御性T細胞は活性酸素を出す好中球の活動を抑えるため、肌の炎症を鎮めると考えられています。

ヒアルロン酸等の増加

LPSは、免疫細胞の一つであるマクロファージを活性化させますが、そうすると、線維芽細胞が増殖します。線維芽細胞は皮膚に弾力を与えるコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸などを作るはたらきがあることから、線維芽細胞が増えることによって弾力が高まり、肌のハリ・ツヤ改善も期待できます。

育毛・発毛

LPSは、毛根に存在し髪の毛を作り出している毛乳頭細胞を活性化させる作用もあります。毛乳頭細胞は活性化すると増殖し、血流も改善してくれます。その結果髪が太く成長するため、育毛や発毛に効果があると言われています。

LPSの取り入れ方

免疫力を高めてくれるLPSは、主に土の中で育つ野菜や穀物、海藻などから摂取することができます。特に、玄米やレンコン、めかぶ、ほうれん草などの食材には多くのLPSが含まれていると言われています。

また、LPSが配合された化粧品も存在するため、肌への効果をより実感するためには、食事とスキンケア両方からLPSを取り入れてみてはいかがでしょうか?日々の生活にLPSを取り入れて、健康的で美しい肌を手に入れましょう。

LPS活用事例

LPSは土の中などに存在するため、野菜や穀物、海藻類などに豊富に含まれています。しかし、農薬などによって細菌が取り除かれるとLPSも少なくなってしまうため、近年食事から取り入れられるLPSはどんどん低下していると言われています。そのため、サプリメントを利用したり、肌への効果を期待する場合は化粧品などを利用したりするのがおすすめです。

やさしいLPS編集部

この記事の著者
やさしいLPS編集部

食用植物に共生するパントエア菌由来の“免疫ビタミン”LPSを提供する自然免疫応用技研株式会社です。当サイトでは、自然免疫、マクロファージ、LPSに関する情報と、当社の活動をお伝えします。

LPS活用事例 arrow_upward