LPSはどうやってマクロファージを活性化させるの?仕組みを解説

マクロファージは、体内に侵入した細菌やウイルスなどを食べて消化し死滅させ、細菌の広がりを早期に食い止めることができます。そのマクロファージを活性化するのは、免疫ビタミンと呼ばれる「LPS」の主な働きの一つ。

ではLPSは、マクロファージをどのように活性化させているのでしょうか。詳しく解説をしていきます。

LPSがマクロファージを活性化する仕組み

LPSは、体内にある免疫細胞「マクロファージ」を活性化して免疫力を高める働きがあることから、免疫ビタミンと呼ばれ注目を集めています。

そのLPSが活性化させるマクロファージとは、血液中の白血球にある免疫細胞のひとつ。体内に侵入した細菌などの異物を食べる能力があり、食べた細菌を殺菌して感染から体を守る働きをしています。

では実際にLPSは、体を守る働きのあるマクロファージをどのように活性化するのでしょうか。

このマクロファージの細胞表面には、いろいろな物質をキャッチするためのレセプター(受容体)が多数存在します。

レセプターとは、特定の物質と結合することで細胞の機能に影響を与える存在。そのレセプターのひとつである「TLR4」が、LPSをキャッチするのです。

LPSが「TLP4」と呼ばれるレセプター結合すると、細胞内の核にまでシグナルが伝わり、核の中にある遺伝子が揺り動かされてマクロファージが活性化されます。

つまり、LPSがマクロファージのレセプター「TRL4」と結合することで、マクロファージの活性化を促しているわけです。

乳酸菌やキノコ、酵母の成分でもマクロファージは活性化する?

LPS以外にもマクロファージを活性化する成分があります。乳酸菌に含まれるペプチドグリカンや、キノコ・酵母に含まれるβグルカンという成分です。

これら成分はLPSとは別の「TLR2」というレセプターに結合して、マクロファージを活性化します。そのため、乳酸菌を含むヨーグルトやキノコ、あるいは酵母を含む食品でもマクロファージを活性化できることになります

ただし、ペプチドグリカンやβグルカンがLPSと同じ程度にマクロファージを活性化するためには、LPSの1000~10000倍もの量が必要。LPSはそれだけマクロファージを活性化する力が強いということになります

このようにマクロファージを活性化させる力の強いLPSは、食品から摂取することができます。LPSはもともと土壌にいる細菌由来の成分で、微生物が存在する土壌で育った穀物や野菜、微生物が生息する海でとれる海藻などに多く含まれているもの。私たちは、これら食材を通してLPSを摂取しているのです。

 

 

やさしいLPS編集部

この記事の著者
やさしいLPS編集部

食用植物に共生するパントエア菌由来の“免疫ビタミン”LPSを提供する自然免疫応用技研株式会社です。当サイトでは、自然免疫、マクロファージ、LPSに関する情報と、当社の活動をお伝えします。

arrow_upward